■ご質問の前に、まずここをお読みください。 その他の質問は、掲示板やメールをご利用になってお問い合せください。
問: 一度も来店せずに最後までオーダードレスの製作が可能ですか?
答: まず添付ファイルでイメージを送っていただいたら、双方のイメージが合っているのを確認して製作にかかります。縫製が終わった時点で写真を転送するか、ご希望によっては郵送してご確認いただきます。
問: 出来上がり後、サイズが合わない時は?
答: ドレスを送っていただいたら、遅くても2日後にはお直しをしてお送り致します。これまでにはほとんどそのようなことはありませんでした。
問: 商品にキズ、破損があった時は?
答: どんな方法を使ってでもお直しをしてお送り致します。もちろん事前にチェックを万全にいたします。
問: オーダードレスができるまでのプロセスを知りたいのですが・・
答: 仮縫いが終わった時点でイメージ写真を送り、確認をしながら進みます。複雑なデザインによっては何度も送ることもあります。
問: 大きいサイズです。仮縫いなしでできますか?
答: デザインによってですが、仮縫いはした方がいいです。サイズの大きい方は、かならず当日着るランジェリーを着用したうえでサイズを測ります。ご来店の方は、リンクでも当日購入できますので前もってご相談下さい。
問: ウェディングドレスの洗濯方法は?
答: シルクはドライクリーニングですが、ポリエステルなら自分でも十分、簡単に洗濯できます。まず、一番汚れているスカートの裾を“つまみ洗い”して綺麗にすすぎます。それから全体を、洗剤を入れた水につけて、手で洗濯します。軽く洗濯機で洗濯してもかまいません。水がドレスから落ちないくらいに脱水してから、広げて干せば、皺も殆どできません。完全に乾かすよりも、少し濡れている状態でアイロンがけをすれば、アイロンもしやすいです。それから、初めに入れてあった真空パックに入れて保管!!!
しわが少ない時は、水スプレーすればとれます。
ベールは皺がたくさん出来た時、水につけてしっかり濡らし、すぐに水から出して優しく絞り、ハンガーに掛けて皺を伸ばします。専門家にたずねる時は“ドライクリーニングしてください”とは絶対に言わないで、ただ“汚れているのを綺麗にして下さい”と話したほうがいいでしょう。油でドライしたら汚れているのが殆ど残ります。
アジアコミュニケーションズ